大人の発達障害とは?

●発達障害は、生まれき脳の機能の一部に障害があるために
 生じます。いくつかのタイプがあり、

  〇自閉症
  〇アスペルガー症候群
  〇注意欠如・多動性障害(ADHD)
  〇学習障害などが代表的です

 〇成人が発達障害を、「大人の発達障害」といいます

●大人になるまで発達障害が見過ごされる理由としては、

 〇学業においてむしろ優秀であったり、
  〇問題が表面化しないように自ら努力するなどして、
    本人も周囲も発達障害であると気づかないことがある

●大人の発達障害の症状とは?

 〇代表的な症状としては、
   
   •周囲とのコミュニケーションがうまくいかない
  •良好な人間関係を築くことが苦手
   •その場の雰囲気が読めない
  •思いつきで行動しやすく、物忘れやうっかりミスが多い
  •仕事や家事の段取りが悪い
  •衝動的に行動してしまう
  •書類や机の整理ができない
  •時間や期限が守れない
  •約束や用事をよく忘れてしまう
  •落ち着きがなくそわそわしている

 〇そのため、就職してから対人関係がうまくいかない
 〇仕事のミスが続いたりすることに悩み、
    問題が表面化するケースが多く見られます
 〇不安症状やうつ症状を合併することもあります
 〇発達障害の場合、
   「ときどき」ではなく「いつも」こうした問題が起きる
 〇発達障害は、生まれながらの特徴です
 〇大人になってからではなく、幼少期からずっと続いている

●大人の発達障害と気づくことが大切です!

 〇発達障害であるとの自覚がなかったり、
  〇多少の自覚はあっても、
   「今さら何をしても変わらない」と諦めてしまいがちです
 〇発達障害を克服するためには、
   ・本人が発達障害であることに気づいて、受け入れる
  ・適切な治療を受ける
  ・周囲が適切な支援やサポートを行う

 〇本人が発達障害を受け入れるということが、
    困難な場合も多い
 〇家族や周りの友人が発達障害についての理解を深め、
    本人が気づけるように働きかけることが必要になります

●大人の発達障害と一口にいっても様々なタイプがあります

 〇一人ひとり症状が多様である
 〇今まで感じてきた生きづらさや、
    周囲とうまくやっていけない悩みは、
    単に性格上の問題ではなく、
    発達障害によるものかもしれません
 〇適切なサポートが受けらるよう、
    勇気を出してみてはいかがでしょうか

Comment (-)

自殺したいと思う気持ち2

 人は、どういう時に、死にたいと思うのでしょうか。


 内閣府自殺対策推進室/警察庁生活安全局生活安全企画課が発表している「平成27年中における自殺の状況」によると、

  1. 平成27年中における自殺者の総数は24,025人で、前年に比べ1,402人(5.5%)減少した。  性別では、男性が16,681人で全体の69.4%を占めた。
  2. 「40歳代」が4,069人で全体の16.9%を占め、次いで「50歳代」(3,979人、16.6%)、「60歳代」(3,973人、16.5%)、「70歳代」(3,451人、14.4%)の順となっている。
  3. 「無職者」が14,322人で全体の59.6%を占めて最も多く、次いで「被雇用者・勤め人」(6,782人、28.2%)、「自営業・家族従業者」(1,697人、7.1%)、「学生・生徒等」(835人、3.5%)の順となっており、この順位は前年と同じである。
  4. 原因・動機が明らかなもののうち、その原因・動機が「健康問題」にあるものが12,145人で最も多く、次いで「経済・生活問題」(4,082人)、「家庭問題」(3,641人)、「勤務問題」(2,159人)の順となっており、この順位は前年と同じである。

という結果が出ています。
詳しくは、こちらをどうぞ。
https://www.npa.go.jp/safetylife/seianki/jisatsu/H27/H27_jisatunojoukyou_01.pdf

 「健康問題」が、自殺の大きな動機になっているのですね。
自分の先行きに不安になったり、希望が持てなくなって、気分が落ちていくのでしょう。
健康問題だけに、その境遇を受け入れがたいと思いますが、生きていて笑えることもある社会にしていきたい。そんな方に寄り添えることがJPCAにはできると信じています。
 
不安がある、悩んでいる、気が重い、やる気でない。
相談したい。
そういう方は、メールくださるか、
080-3749-7830にお電話ください。

Comment (-)

【開催】Jpca主催 おしゃべり会

お茶しながら、お菓子食べながら、おしゃべりして、こころのモヤモヤスッキリしませんか。
JPCAの相談員も参加します。いろいろ聴かせてください。


※当日は、座談会形式を想定しています。
※前回と場所が異なります。


 日時:3月26日(日) 13:30~15:30
 場所:富山県射水市 小杉社会福祉会館 第1和室
 参加費:500円(お茶代、お菓子代)

heart2.jpg

Comment (-)

【自殺したいと思う気持ち1】

 人は、どういう時に、死にたいと思うのでしょうか。
これからここに書く内容は、私が、感じたり想像で補っている部分があります。
これを読まれた方で、それは、違うんじゃないの、という方もいらっしゃるかもしれません。
ご意見をメッセージ頂ければ、うれしいです。

 私が、最初に死んでやろうか!と思ったのは、中学生くらいの時だったと思います。死にた

いで無く、死んでやろうか! 反抗期だったんですかね。
 親から、不条理に叱られたり、学校の仲間から認められていないと感じて、死ぬことで自分

に目を向けてもらいたいとか、おまえのせいで、死を選んだんだ。『おまえら、反省しろ!』

みたいな、馬鹿げた理由でした。
 想像ですが、いじめられている人にとって、『つらい』『かなしい』など、耐えがたい状況

を解決する手段として自殺を選択するのかもしれないと思うのです。
 だから、思春期の若者には、『自殺するな』『そんな馬鹿なことを考えるな』などと言う前

に、彼ら彼女らの抱えている心の痛みとか、不安とか、悩みとかに寄り添うべきだと思います

。一緒にいて、話を聴くだけでも心が和らぐことがあると思います。ただ、これまでに心を傷

つけられて、自分の心を守るために、心に鎧をまとっている場合、私の言葉が、貴方たち届か

ないかも知れない。私は、無害であることを信じてもらって、根気強く、鎧を外すのを待ちま

す。

不安がある、悩んでいる、気が重い、やる気でない。
相談したい。
そういう方は、こちらにメッセージくださるか、
080-3749-7830にお電話ください。

Comment (-)

あけましておめでとうございます。♪(/・ω・)/ ♪
今年は、できるだけ更新を頑張ろうと決意しました。
といっても、まあ、月に一回は、更新したい感じです。
正月の暴飲暴食で疲れた胃腸には、七草粥ですね。
新年なのに、気が重い、やる気でない。相談したい。
そういう方は、FaceBookにメッセージくださるか、
080-3749-7830にお電話ください。
Comment (-)