カテゴリ:つぶやき の記事一覧

自殺したいと思う気持ち2

 人は、どういう時に、死にたいと思うのでしょうか。


 内閣府自殺対策推進室/警察庁生活安全局生活安全企画課が発表している「平成27年中における自殺の状況」によると、

  1. 平成27年中における自殺者の総数は24,025人で、前年に比べ1,402人(5.5%)減少した。  性別では、男性が16,681人で全体の69.4%を占めた。
  2. 「40歳代」が4,069人で全体の16.9%を占め、次いで「50歳代」(3,979人、16.6%)、「60歳代」(3,973人、16.5%)、「70歳代」(3,451人、14.4%)の順となっている。
  3. 「無職者」が14,322人で全体の59.6%を占めて最も多く、次いで「被雇用者・勤め人」(6,782人、28.2%)、「自営業・家族従業者」(1,697人、7.1%)、「学生・生徒等」(835人、3.5%)の順となっており、この順位は前年と同じである。
  4. 原因・動機が明らかなもののうち、その原因・動機が「健康問題」にあるものが12,145人で最も多く、次いで「経済・生活問題」(4,082人)、「家庭問題」(3,641人)、「勤務問題」(2,159人)の順となっており、この順位は前年と同じである。

という結果が出ています。
詳しくは、こちらをどうぞ。
https://www.npa.go.jp/safetylife/seianki/jisatsu/H27/H27_jisatunojoukyou_01.pdf

 「健康問題」が、自殺の大きな動機になっているのですね。
自分の先行きに不安になったり、希望が持てなくなって、気分が落ちていくのでしょう。
健康問題だけに、その境遇を受け入れがたいと思いますが、生きていて笑えることもある社会にしていきたい。そんな方に寄り添えることがJPCAにはできると信じています。
 
不安がある、悩んでいる、気が重い、やる気でない。
相談したい。
そういう方は、メールくださるか、
080-3749-7830にお電話ください。

Comment (-)

【自殺したいと思う気持ち1】

 人は、どういう時に、死にたいと思うのでしょうか。
これからここに書く内容は、私が、感じたり想像で補っている部分があります。
これを読まれた方で、それは、違うんじゃないの、という方もいらっしゃるかもしれません。
ご意見をメッセージ頂ければ、うれしいです。

 私が、最初に死んでやろうか!と思ったのは、中学生くらいの時だったと思います。死にた

いで無く、死んでやろうか! 反抗期だったんですかね。
 親から、不条理に叱られたり、学校の仲間から認められていないと感じて、死ぬことで自分

に目を向けてもらいたいとか、おまえのせいで、死を選んだんだ。『おまえら、反省しろ!』

みたいな、馬鹿げた理由でした。
 想像ですが、いじめられている人にとって、『つらい』『かなしい』など、耐えがたい状況

を解決する手段として自殺を選択するのかもしれないと思うのです。
 だから、思春期の若者には、『自殺するな』『そんな馬鹿なことを考えるな』などと言う前

に、彼ら彼女らの抱えている心の痛みとか、不安とか、悩みとかに寄り添うべきだと思います

。一緒にいて、話を聴くだけでも心が和らぐことがあると思います。ただ、これまでに心を傷

つけられて、自分の心を守るために、心に鎧をまとっている場合、私の言葉が、貴方たち届か

ないかも知れない。私は、無害であることを信じてもらって、根気強く、鎧を外すのを待ちま

す。

不安がある、悩んでいる、気が重い、やる気でない。
相談したい。
そういう方は、こちらにメッセージくださるか、
080-3749-7830にお電話ください。

Comment (-)

あけましておめでとうございます。♪(/・ω・)/ ♪
今年は、できるだけ更新を頑張ろうと決意しました。
といっても、まあ、月に一回は、更新したい感じです。
正月の暴飲暴食で疲れた胃腸には、七草粥ですね。
新年なのに、気が重い、やる気でない。相談したい。
そういう方は、FaceBookにメッセージくださるか、
080-3749-7830にお電話ください。
Comment (-)

頑張りすぎていませんか?

●「頑張ることでのプラス効果」は多々ありますが、
   「頑張ることを手放す勇気」や
  「頑張らない勇気」を持つことが大切な時もあります。

 ①状況を改善するためには、
   「頑張らねば!」と思うことは大切です
 
 ②でも過度の頑張りは、心を疲れさせたり、燃え尽きてしまう
   要因に繋がることもあります
 ③自分に対し、過度なハードルを課し、
   心が疲れていても休憩できずにいると
   怖い結果に繋がることもあります

☆こういう時は、一旦立ち止まって、
 ①「頑張りすぎていないか」をチェックし、
    頑張りすぎいたら、緩めてることも大切です
 ②そんな時は、頑張ることのプラス効果よりも
   マイナス効果が目立ってきた時です


●家族を背負って頑張ってきた方、
   一人で悩みを抱えて頑張ってきた方、
   弱音を吐かずに頑張ってきた方、
  「もっともっと頑張らなきゃ」とプレッシャーをかけてきた方に


☆時には、周りの方が、 

  ①「頑張らないでください」
  ②「あまり無理しすぎないでください」
  ③「一人で抱えすぎないでください」
   と、お声をかけて欲しいです


●本当に、頑張らなくていいの?

 『状況を良くするためには、頑張らねば』と思っている方に、

 「頑張りすぎないでください」と声をかけると 、
  「頑張りすぎないでください、ってどういうこと?」
   と思われてしまうことがあります


☆頑張っている方は、頑張ることが、状況を良くする術だと
  思っていることが多いからです

  ①確かに、頑張ることが間違いではありません
  ②実際に頑張ることが求められる場面で、
     頑張ることで状況が改善することがよくあります
  ③小学生の頃だったら、
   ・音楽の時間に笛を吹くことが、最初は上手く吹けなくても
     頑張って練習を重ねることで、いつか上手くなります
   ・九九も最初は上手くできなくても、
      何回も練習すれば
     スラスラと言えるようになった経験があります


●仕事も最初は、分からないことだらけで、
   先輩や上司に注意を受けます

 ①時にはへこんだり、落ち込んだりしながらも、
    頑張ってやっているうちに覚えていき、
    そのうち注意もされなくなります
 ②また、上手く仕事をまわせるようになっていきます


☆このような体験から、状況を良くする為には、
   頑張ることが大切だということを学びます


●当然、頑張ること自体は悪いことではありません
 
 ①状況を改善できたり、プラス効果は一杯あります
 ②しかし、頑張りすぎてしまうことで、
    マイナス効果が目立つようになってくることもあります
 
☆例えば、 
 ①ジョギングをすること自体は、体には良いことです
 ②極端ですが、インフルエンザにかかり40度の高熱が
   出ている時にもジョギングをするのは、
    マイナス効果になってしまいます


●心も同じようなところが言えます

  頑張ることは良いことなのですが、
   心が疲れている時に頑張ろうとすると
  余計に心が疲れて、気力がなくなり、消耗感が増します

 ①最悪、燃え尽きてしまうこともあります
 ②特に自立心が強い方は、状況をよくする為には、
    頑張らねばという心理が強いのです
 ③心が疲れていても、ついつい無理をしてしまいます
 ④多くの場合は、無理が利いてしまい、
    更なる無理をしてしまうことがよくあります


☆心が疲れている時は、
  ①頑張ることを手放す勇気、
  ②頑張らない勇気を持つことも大切です


Comment (-)

悩みの本質は本人しか分からず、またその答えも本人にしか

●悩みの本質とは、他人は理解することができない。
  また、その答えも本人しか分からない。
  しかし、悩んでいるとこは、考えが、堂々巡りになるので
 悩みを整理するカウンセラーが必要となる。

(ある方の悩み)

 ・大変ハンサムな方が、あごが醜く、それが憂鬱で外出できない、と悩んでいる。
 ・ところが、どう見てもハンサムに見える。 また、特別な嫌な出来事も経験もない。

 ・悩んでいる方のイメージは、他者のイメージとは全く異なる。

  従って、一般的な客観的な見方を伝えることは意味がない
 ・悩みは、その方の心のイメージそのものであり、 その心のイメージが重要な意味を持っている。


●その悩んでいる方へ、

 ・あなたは『誰が見てもハンサムよ』と説得したとする。
 ・当然相手は納得せずに、 『やっぱりか!』と思い、自分の悩みは理解できないことに
  愕然として、もう相談に来ないだろう。


●イメージとは、客観的事実よりも、その人の人的事実(心)からくる。
  ・だから、多くの方のイメージ(客観的事実)をいくら訴えて 説得しても意味がない。

 

●では、何が必要か?

 ・実際に、悩んでいる方のつらい気持ちを受け止め、

  その方自身の真の声に耳を傾ける(傾聴)が重要となる。


●ユングは、

 ・神経症は、次なる次元の成長の途中の不適合、
  あるいは、今しなければいけない何かから逃避による 不適合とみている。

 ・克服するためには、現在の課題を乗り越えて、それまでの生き方と異なる、
  新しい生き方が必要となる。


●ユングは、症状や問題の中に、

 ・悩んでいる方が、今どこに向かって進もうとしているかを
  みることが重要であると考えた。
  ・悩んでいる方の心の中に「醜い自分」というイメージがあり、
   そのイメージに強く動かされている。


●話は変わるが、

 ・心のイメージには「意識」と「無意識」がある。
 ・意識していることは言葉にできるが、自分も気づいていない無意識領域にあるものは、
  言語化は困難である

 ・絵や夢などのイメージ表現の中では、無意識領域にあるものが意図せず表現されることが多い。

 

●イメージには、

 ・その人の心を生き生きと私たちに訴える力を持っている。
 ・悩んでいる方の言葉を傾聴したり、
  寄り添うことで、
  真の悩みを整理しながら悩みを共有して、
  本人が持っている答えを導かす助けができる。