カテゴリ:つぶやき の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

頑張りすぎていませんか?

●「頑張ることでのプラス効果」は多々ありますが、
   「頑張ることを手放す勇気」や
  「頑張らない勇気」を持つことが大切な時もあります。

 ①状況を改善するためには、
   「頑張らねば!」と思うことは大切です
 
 ②でも過度の頑張りは、心を疲れさせたり、燃え尽きてしまう
   要因に繋がることもあります
 ③自分に対し、過度なハードルを課し、
   心が疲れていても休憩できずにいると
   怖い結果に繋がることもあります

☆こういう時は、一旦立ち止まって、
 ①「頑張りすぎていないか」をチェックし、
    頑張りすぎいたら、緩めてることも大切です
 ②そんな時は、頑張ることのプラス効果よりも
   マイナス効果が目立ってきた時です


●家族を背負って頑張ってきた方、
   一人で悩みを抱えて頑張ってきた方、
   弱音を吐かずに頑張ってきた方、
  「もっともっと頑張らなきゃ」とプレッシャーをかけてきた方に


☆時には、周りの方が、 

  ①「頑張らないでください」
  ②「あまり無理しすぎないでください」
  ③「一人で抱えすぎないでください」
   と、お声をかけて欲しいです


●本当に、頑張らなくていいの?

 『状況を良くするためには、頑張らねば』と思っている方に、

 「頑張りすぎないでください」と声をかけると 、
  「頑張りすぎないでください、ってどういうこと?」
   と思われてしまうことがあります


☆頑張っている方は、頑張ることが、状況を良くする術だと
  思っていることが多いからです

  ①確かに、頑張ることが間違いではありません
  ②実際に頑張ることが求められる場面で、
     頑張ることで状況が改善することがよくあります
  ③小学生の頃だったら、
   ・音楽の時間に笛を吹くことが、最初は上手く吹けなくても
     頑張って練習を重ねることで、いつか上手くなります
   ・九九も最初は上手くできなくても、
      何回も練習すれば
     スラスラと言えるようになった経験があります


●仕事も最初は、分からないことだらけで、
   先輩や上司に注意を受けます

 ①時にはへこんだり、落ち込んだりしながらも、
    頑張ってやっているうちに覚えていき、
    そのうち注意もされなくなります
 ②また、上手く仕事をまわせるようになっていきます


☆このような体験から、状況を良くする為には、
   頑張ることが大切だということを学びます


●当然、頑張ること自体は悪いことではありません
 
 ①状況を改善できたり、プラス効果は一杯あります
 ②しかし、頑張りすぎてしまうことで、
    マイナス効果が目立つようになってくることもあります
 
☆例えば、 
 ①ジョギングをすること自体は、体には良いことです
 ②極端ですが、インフルエンザにかかり40度の高熱が
   出ている時にもジョギングをするのは、
    マイナス効果になってしまいます


●心も同じようなところが言えます

  頑張ることは良いことなのですが、
   心が疲れている時に頑張ろうとすると
  余計に心が疲れて、気力がなくなり、消耗感が増します

 ①最悪、燃え尽きてしまうこともあります
 ②特に自立心が強い方は、状況をよくする為には、
    頑張らねばという心理が強いのです
 ③心が疲れていても、ついつい無理をしてしまいます
 ④多くの場合は、無理が利いてしまい、
    更なる無理をしてしまうことがよくあります


☆心が疲れている時は、
  ①頑張ることを手放す勇気、
  ②頑張らない勇気を持つことも大切です


Comment (-)

悩みの本質は本人しか分からず、またその答えも本人にしか

●悩みの本質とは、他人は理解することができない。
  また、その答えも本人しか分からない。
  しかし、悩んでいるとこは、考えが、堂々巡りになるので
 悩みを整理するカウンセラーが必要となる。

(ある方の悩み)

 ・大変ハンサムな方が、あごが醜く、それが憂鬱で外出できない、と悩んでいる。
 ・ところが、どう見てもハンサムに見える。 また、特別な嫌な出来事も経験もない。

 ・悩んでいる方のイメージは、他者のイメージとは全く異なる。

  従って、一般的な客観的な見方を伝えることは意味がない
 ・悩みは、その方の心のイメージそのものであり、 その心のイメージが重要な意味を持っている。


●その悩んでいる方へ、

 ・あなたは『誰が見てもハンサムよ』と説得したとする。
 ・当然相手は納得せずに、 『やっぱりか!』と思い、自分の悩みは理解できないことに
  愕然として、もう相談に来ないだろう。


●イメージとは、客観的事実よりも、その人の人的事実(心)からくる。
  ・だから、多くの方のイメージ(客観的事実)をいくら訴えて 説得しても意味がない。

 

●では、何が必要か?

 ・実際に、悩んでいる方のつらい気持ちを受け止め、

  その方自身の真の声に耳を傾ける(傾聴)が重要となる。


●ユングは、

 ・神経症は、次なる次元の成長の途中の不適合、
  あるいは、今しなければいけない何かから逃避による 不適合とみている。

 ・克服するためには、現在の課題を乗り越えて、それまでの生き方と異なる、
  新しい生き方が必要となる。


●ユングは、症状や問題の中に、

 ・悩んでいる方が、今どこに向かって進もうとしているかを
  みることが重要であると考えた。
  ・悩んでいる方の心の中に「醜い自分」というイメージがあり、
   そのイメージに強く動かされている。


●話は変わるが、

 ・心のイメージには「意識」と「無意識」がある。
 ・意識していることは言葉にできるが、自分も気づいていない無意識領域にあるものは、
  言語化は困難である

 ・絵や夢などのイメージ表現の中では、無意識領域にあるものが意図せず表現されることが多い。

 

●イメージには、

 ・その人の心を生き生きと私たちに訴える力を持っている。
 ・悩んでいる方の言葉を傾聴したり、
  寄り添うことで、
  真の悩みを整理しながら悩みを共有して、
  本人が持っている答えを導かす助けができる。

人生を変える行動科学セルフマネジメント ~石田淳~

●1日3時間「変わりたい」と思っても、あなたは何も変わりません
①でも、1日に5分ずつ行動起こせば、人生は確実に変わっていきます
②どれほど強い意志があろうと、行動なきところに結果は生まれません
③逆に意志は弱くても行動すれば結果は出ます


●過去の失敗に囚われない
①既に起きてしまった失敗は、早く見据えたほうがいいのです
②「本当はこうあって欲しかった」という思いに固執せず、
  今後に目を向けて行動したほうがいい結果が生まれる


●将来のために今を犠牲にしない
①今を苦労して我慢していれば、将来はいいことがある、と
 漠然と考えているのなら、その思考はさっさと捨てましょう
②それは人生に立ち向かっているようで、
 実は現実から顔を背けているだけなのかもしれない


●「優先順位」よりも、捨てるものを先に決める
 やり方のに変えましょう

①「何を取るか」より「何を捨てるか」を決めたほうが効率的です
②10個の仕事があったとき、仮に優先順位で考て順番は振ったところで、
 ⇒ 最終的に10個のことをやろうとします
③でも、10個できなかった時に、やる時間はないから、
 「やり残してしまった」という思いが募ります
 ⇒ 結果、できなかた自分を責めることになります
④6個やる時間しかないなら、まず4個を捨て、
 残った6個に順番をつけます
⑤そこで、できない分を先に捨ててしまいます
 ⇒ 考え方を変えるだけで、人生が変わります!

Comment (-)

強い者が勝つのではない!勝った者が強いのである! ~ 弱者の戦略 稲垣栄洋 ~

●地球環境が激変しても多くの生命は、しぶとく生き残り続けてきた
①そして今でも、強者ではない動植物などは、あらゆる方法で進化し続けている
②群れる、メスを装う、他者に化ける、動かない、目立つ、
 時間をずらす、早死にするなど、
 弱者の驚くべき生存戦略の数々

●強い者が生き残り、弱い者は滅びてゆく、それが厳しい自然界の掟である
①それなのに、私たちの身の回りを見渡してみると、
 どう見ても強そうではない生き物たちが、
 自然界でその生を謳歌している
②弱そうに見える彼らが、
 どうやって自然界を生き抜いているのだろうか?

●「雑草はたくましい」「雑草魂で強く生きる」が、雑草に抱いていたイメージだったのだが、その雑草が、じつは「弱い存在」だと言うのだ
①そこら中に、はびこって私たちを悩ませている雑草が、「弱い植物」というのは、
 いったいどういうことなのだろうか?
②雑草は、他の植物との競争に弱い植物である
 まともに勝負しても、とても勝つことはできない
③そこで、強い植物が生えることのできないような
 困難な場所を選んでいるのである

●「逆境は敵ではない!味方である!」
①この言葉こそが、雑草の生き方を端的に表している
②雑草はさまざまな知恵と工夫を発達させて、逆境の地に生きている
③しかし、彼らは逆境に耐えているわけではない、
 逆境を乗り越え、さらには逆境を活用しているのである
④あるものは、踏まれることによって種子を散布し、
 あるものは、草刈りをされることによって、
 かえってはびこっていく

●彼らにとっては、逆境は成功のためになくてはならないもの!
①雑草は弱い
  だからこそさまざまな戦略で成功を遂げている
②この生き方が、雑草を強く見せているのだ
③この発見は、けっして強くない私自身を、ずいぶんと勇気づけてくれた
④そして、逆境を味方につける雑草の戦略は、
  私が社会を生きる上でも大いに役に立ったのである

●弱い存在であるのは雑草ばかりではない
①私たちのまわりには、さまざまな弱き生き物たちが、
  強く生きている
②自然界はナンバー1しか生きられないという鉄則がある
③ミミズやオケラやゾウリムシのように、
  けっして強そうに見えない生き物たちも、
  実は、ナンバー1の部分を持つ勝者なのだ
④弱い存在である彼らの生きる知恵には、目を見張る
⑤彼らを見ていると、弱いことこそが成功の条件ではないかと思えるほどだ

●本当の強者とは、自らの弱さを知る者なのかも知れない
①私たち人間も、強い立場で生きることのできる者は、
 ほんの一握りである
②本書に登場する弱者と言われる彼らの生き方には、
 少なからずヒントがあるはずだ
③「強いものが勝つんじゃない。勝ったものが強いんだ」

●「踏まれても踏まれても立ち上がる」 雑草にそんなたくましいイメージを持つ人も、少なくないでしょう
①1度や2度踏まれたくらいでは、雑草は立ちあがってきます
②しかし、何度も何度も踏まれると、
 雑草は立ちあがらなくなります
③「踏まれても踏まれても立ち上がる」という
 雑草のイメージは、じつは人間の幻想なのです
④だからといって、雑草の生き方が「たくましくないか」
 と言えば、そんなことはありません

●そもそも、どうして立ち上がらなければならないのでしょうか? 植物にとって、もっとも重要なことは何でしょうか?
①それは花を咲かせて、種を残すことです
②踏まれても立ち上がるという無駄なことに
 エネルギーを使うよりも、
 踏まれながら花を咲かせることを考える方が合理的です
③そして、踏まれながら種をつけることの方がずっと大切です
④雑草は、無駄に立ち上がるようなことはしないのです

●踏まれやすい場所を見ると、雑草は地べたに葉を広げていたり、横に寝そべって伸びていたりします
①踏まれてもダメージがあまりありません
②そして、たくわえたエネルギーを使って花を咲かせ、
 種をつけるのです
③がむしゃらに立ち上がろうとするよりも、
 雑草の生き方はずっと「したたか」なのです
Comment (-)

のんびり生きて 気楽に死のう ~ひろさちや~

●人生は、なるようにしか、なりません
  じっくり、そのまんま楽しみましょう ...

1.こだわりなく生きよう

 「こうせねばならない」と苦しむより、のんびると楽しく生きればいいんです

  人生の雨 傘が役立たなければ、じっくりと雨宿り
 「弱肉強食」ではなく「共生」の世界
 「がんばる」ではなく「努力」より「ゆったりとご精進」

  いいかげん「厳格」「徹底」より「まあまあ」で幸せに生きる

  疲れないように休む 人生という旅をゆったりと
  真の「人間の尊さ」 ただ生きているだけですばらしい
  雑草的な人間に 環境の変化、時代の変化にも滅びない

2.「老い」こそ人間本来の姿

  人生は思うがままにならない「苦」だらけ
  隠居 死を迎える準備の期間

  人生の極意 若い時も、中年、老年もあじわいながら生きる
  中年の魅力 他人との関係ではなく、自分の幸せを大切に

  与えられるための準備 あせらずゆったり待とう
  親の刳り言 同じ話を聞いてあげることが親孝行
  生活のゆとり 子どもに夢を与える生活を

  明日は明日の仕事 自分が現在なすべきことをしっかりやる
  将来の心配 明日のことは明日に悩めばよい
  親の仕事 子どもをはらはらと心配し、一緒に泣いてやる

3.「そのまんま・そのまんま」

  病気も貧乏も怠け癖も縁
  そのまんま「幸福な病人・貧乏人・怠け者」になれば

  あせらない 変わらない事実であれば否定するより肯定しよう
  重なる災難・不幸 じたばたせず開き直ってみよう

  心配は心を痛みつける 人生はなるようにしかなりません
  病気の「不思議」 患っても治っても、あるがままに感謝

4.死に方の心配をしない

  死ぬことなんて考えても仕方ありません
  現在をしっかり堂々と生きればいい

  最期の幸福 孤独に最新の治療か、子どもの看病か
  人生の食卓 安楽も苦しい死も、選り好みせずいただこう
  自殺の危機 思いとどまらせるのは「知恵の総体」

Comment (-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。