自殺したいと思う気持ち2

 人は、どういう時に、死にたいと思うのでしょうか。


 内閣府自殺対策推進室/警察庁生活安全局生活安全企画課が発表している「平成27年中における自殺の状況」によると、

  1. 平成27年中における自殺者の総数は24,025人で、前年に比べ1,402人(5.5%)減少した。  性別では、男性が16,681人で全体の69.4%を占めた。
  2. 「40歳代」が4,069人で全体の16.9%を占め、次いで「50歳代」(3,979人、16.6%)、「60歳代」(3,973人、16.5%)、「70歳代」(3,451人、14.4%)の順となっている。
  3. 「無職者」が14,322人で全体の59.6%を占めて最も多く、次いで「被雇用者・勤め人」(6,782人、28.2%)、「自営業・家族従業者」(1,697人、7.1%)、「学生・生徒等」(835人、3.5%)の順となっており、この順位は前年と同じである。
  4. 原因・動機が明らかなもののうち、その原因・動機が「健康問題」にあるものが12,145人で最も多く、次いで「経済・生活問題」(4,082人)、「家庭問題」(3,641人)、「勤務問題」(2,159人)の順となっており、この順位は前年と同じである。

という結果が出ています。
詳しくは、こちらをどうぞ。
https://www.npa.go.jp/safetylife/seianki/jisatsu/H27/H27_jisatunojoukyou_01.pdf

 「健康問題」が、自殺の大きな動機になっているのですね。
自分の先行きに不安になったり、希望が持てなくなって、気分が落ちていくのでしょう。
健康問題だけに、その境遇を受け入れがたいと思いますが、生きていて笑えることもある社会にしていきたい。そんな方に寄り添えることがJPCAにはできると信じています。
 
不安がある、悩んでいる、気が重い、やる気でない。
相談したい。
そういう方は、メールくださるか、
080-3749-7830にお電話ください。

スポンサーサイト
Comment (-)