2017年02月 の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

大人の発達障害とは?

●発達障害は、生まれき脳の機能の一部に障害があるために
 生じます。いくつかのタイプがあり、

  〇自閉症
  〇アスペルガー症候群
  〇注意欠如・多動性障害(ADHD)
  〇学習障害などが代表的です

 〇成人が発達障害を、「大人の発達障害」といいます

●大人になるまで発達障害が見過ごされる理由としては、

 〇学業においてむしろ優秀であったり、
  〇問題が表面化しないように自ら努力するなどして、
    本人も周囲も発達障害であると気づかないことがある

●大人の発達障害の症状とは?

 〇代表的な症状としては、
   
   •周囲とのコミュニケーションがうまくいかない
  •良好な人間関係を築くことが苦手
   •その場の雰囲気が読めない
  •思いつきで行動しやすく、物忘れやうっかりミスが多い
  •仕事や家事の段取りが悪い
  •衝動的に行動してしまう
  •書類や机の整理ができない
  •時間や期限が守れない
  •約束や用事をよく忘れてしまう
  •落ち着きがなくそわそわしている

 〇そのため、就職してから対人関係がうまくいかない
 〇仕事のミスが続いたりすることに悩み、
    問題が表面化するケースが多く見られます
 〇不安症状やうつ症状を合併することもあります
 〇発達障害の場合、
   「ときどき」ではなく「いつも」こうした問題が起きる
 〇発達障害は、生まれながらの特徴です
 〇大人になってからではなく、幼少期からずっと続いている

●大人の発達障害と気づくことが大切です!

 〇発達障害であるとの自覚がなかったり、
  〇多少の自覚はあっても、
   「今さら何をしても変わらない」と諦めてしまいがちです
 〇発達障害を克服するためには、
   ・本人が発達障害であることに気づいて、受け入れる
  ・適切な治療を受ける
  ・周囲が適切な支援やサポートを行う

 〇本人が発達障害を受け入れるということが、
    困難な場合も多い
 〇家族や周りの友人が発達障害についての理解を深め、
    本人が気づけるように働きかけることが必要になります

●大人の発達障害と一口にいっても様々なタイプがあります

 〇一人ひとり症状が多様である
 〇今まで感じてきた生きづらさや、
    周囲とうまくやっていけない悩みは、
    単に性格上の問題ではなく、
    発達障害によるものかもしれません
 〇適切なサポートが受けらるよう、
    勇気を出してみてはいかがでしょうか

スポンサーサイト
Comment (-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。