しんどかったら 学校 行かなくていい。

テレビとか、新聞とかで報道されているように、「9月1日」前後は子供たちの自殺が多いそうです。わかるような気がします。学校が「しんどい」「行きたくない場所」となっている子供たちにとっては、行くことが、苦悩でしょうね。そういう子供たちに、この「しんどかったら 学校 行かなくていい。」というメッセージは、伝わっているのでしょうか。できれば、悩みのあるなしに関わらず、子供たちの話や思いを聴いてあげる時間が必要なのかな。。。と思います。

大人たちが忙しく心に余裕が無くなっていることも問題のような気がしてきます。

「しんどかったら 学校 行かなくていい。」というメッセージを子供に届けることも大切ですが、子供たちが、何でも話せる「おじさん」「おばさん」を増やしていかないと。そして、そんな何でも話せる場所が増えていけばよいのに。と思いました。
身近な子供たちの話を聴いてあげてください。

スポンサーサイト
Comment (-)

【開催】Jpca主催 おしゃべり会 2017/9/17(日)

お茶しながら、お菓子食べながら、おしゃべりして、こころのモヤモヤスッキリしませんか。
JPCAの相談員も参加します。いろいろ聴かせてください。


※当日は、座談会形式を想定しています。
※前回と場所が異なります。


日時:9月17日(日) 14:00~16:00
場所:〒939-0364 富山県射水市南太閤山17丁目1

         射水市小杉ふれあいセンター いろりの里
参加費:JPCA会員は、無料

    ビジターは、500円(お茶代、お菓子代)

    ※付き添い者は、無料です。

    ※小学生以下は、無料です。

  ★賛助会員(1年度 1,000円です。)を募集中です。

   当日に申込されても、参加費無料となります。

   年2回以上おしゃべり会に参加するなら、

   この機会にぜひご入会ください。

heart2.jpg

Comment (-)

【あ~、ダメな自分】

毎月ブログを書こうと決めていたのに、全然書けていませんでした。
どうすれば、みなさんに喜んでもらえる記事がかけるか。こころに届く記事書きたいな~。

とか思っていて、結局書けていませんでした。

かっこつけ、なのかな。ここは、いっそうのこと開き直って、本当につぶやいていきます。

自分を、よく見せることは無いさ。できることを、少しずつやっていけば。。。。

日々の出来事に、感謝すべき点は、いっぱいあるもの。


あ! カウンセリングの料金が無料になったよ。。。



Comment (-)

自分のこころの声

 学校に行きたくない、会社に行きたくないと感じている方へ

将来の心配や、他の人の目を気にして、こころの声を無視して頭で制御して、行

動していませんか?
 我慢したり、気分がのらない時に無理して行動していると、こころのバランス

が崩れてしまいます。心のバランスが崩れると、体調も崩してしまいます。
 そうならないように、こころの声を聴いてあげてください。少々無理しても休

んでください。
 あなたのこころの声を聴けるのは、あなたです。


 生きづらいと感じていて、何だか無性に疲れている方へ

もう既に、うつの入り口かもしれません。
 こういう方は、自分のこころの声を聴かないでください。
すでにこころに変調をきたしていると、同じような自問自答を繰り返し、出口の無いところに落ちていきます。
そういうときこそ、違う方に相談してください。
当然、JPCAでもかまいません。
 他の方がする違う質問に答えることで、自分の違った(あるいは本来の)こころの声に出会えるかもしれません。


不安がある、悩んでいる、気が重い、やる気でない。相談したい。
そういう方は、こちらにメッセージくださるか、
080-3749-7830にお電話ください。

Comment (-)

大人の発達障害とは?

●発達障害は、生まれき脳の機能の一部に障害があるために
 生じます。いくつかのタイプがあり、

  〇自閉症
  〇アスペルガー症候群
  〇注意欠如・多動性障害(ADHD)
  〇学習障害などが代表的です

 〇成人が発達障害を、「大人の発達障害」といいます

●大人になるまで発達障害が見過ごされる理由としては、

 〇学業においてむしろ優秀であったり、
  〇問題が表面化しないように自ら努力するなどして、
    本人も周囲も発達障害であると気づかないことがある

●大人の発達障害の症状とは?

 〇代表的な症状としては、
   
   •周囲とのコミュニケーションがうまくいかない
  •良好な人間関係を築くことが苦手
   •その場の雰囲気が読めない
  •思いつきで行動しやすく、物忘れやうっかりミスが多い
  •仕事や家事の段取りが悪い
  •衝動的に行動してしまう
  •書類や机の整理ができない
  •時間や期限が守れない
  •約束や用事をよく忘れてしまう
  •落ち着きがなくそわそわしている

 〇そのため、就職してから対人関係がうまくいかない
 〇仕事のミスが続いたりすることに悩み、
    問題が表面化するケースが多く見られます
 〇不安症状やうつ症状を合併することもあります
 〇発達障害の場合、
   「ときどき」ではなく「いつも」こうした問題が起きる
 〇発達障害は、生まれながらの特徴です
 〇大人になってからではなく、幼少期からずっと続いている

●大人の発達障害と気づくことが大切です!

 〇発達障害であるとの自覚がなかったり、
  〇多少の自覚はあっても、
   「今さら何をしても変わらない」と諦めてしまいがちです
 〇発達障害を克服するためには、
   ・本人が発達障害であることに気づいて、受け入れる
  ・適切な治療を受ける
  ・周囲が適切な支援やサポートを行う

 〇本人が発達障害を受け入れるということが、
    困難な場合も多い
 〇家族や周りの友人が発達障害についての理解を深め、
    本人が気づけるように働きかけることが必要になります

●大人の発達障害と一口にいっても様々なタイプがあります

 〇一人ひとり症状が多様である
 〇今まで感じてきた生きづらさや、
    周囲とうまくやっていけない悩みは、
    単に性格上の問題ではなく、
    発達障害によるものかもしれません
 〇適切なサポートが受けらるよう、
    勇気を出してみてはいかがでしょうか

Comment (-)